© 北九州家守舎 All rights reserved.

top_pic01

うおまちのにわ 三木屋

「金物三木屋」から「三木屋ビル」
そして「三木屋」へ─。

うおまちににわ 三木屋は、株式会社北九州家守舎と有限会社ミキプランニング(北九州市小倉北区魚町三丁目)が、三木屋ビル裏手の築六十年を超える木造住宅とその中庭部分を、まちなかの新しいタイプのレンタルスペース「三木屋」として共同で整備し、運営を開始した施設です。

このスペースは、2012年2月に開催された第2回リノベーションスクール@北九州(主催 一般社団法人HEAD研究会)の対象案件として事業開発され、その後、北九州リノベーションまちづくり推進協議会と北九州家守舎の協力によって施設整備がなされました。

同地でかつて営業した三木屋金物店が閉店し、その後自宅として利用してきたものの退去し,二十年間空き物件となっていたスペースです。魚町銀天街の賑わいの奥に、ひっそりと時をとめていた三木屋の中庭には、築六十年を超える木造民家とともに魚町の空(そら)があり、土があり、四季がありました。

ミキプランニングと北九州家守舎は「三木屋」の運営を通じて、北九州市が掲げる小倉家守構想のさらなる推進と、魚町銀天街の回遊性の向上、小倉魚町の活性化を目指しています。

うおまちのにわ 三木屋 概要

既存建物建築年         昭和24年
初期構想            第2回リノベーションスクール北九州 大島・片岡ユニット
事業企画・リノベーション企画  株式会 北九州家守舎
デザイン監修          株式会社ブルースタジオ
施工              (株)小倉セフティ
用途              レンタルスペース

ページ上部へ戻る